クリストファー・バレス

005

 

俳優であり歌手のchristopher burris氏の楽曲、feels goodを聞いての感想を述べたいと思います。feels good to hold to give my loves・・という歌いだしから始まるこの歌は、聴くものをポジティブな気持ちに切り替えてくれる力のこもった曲です。パーカッションの軽快なリズムが、海の底から海面に向かって上昇するような、正しい道に向かって進む高揚感を演出し、ブブブブ・・というシンセサイザーのボイスが、決して浮ついた気持ちだけではない、地に足をつけた現実感を忘れさせず、曲調を堅実に進めていきます。そして、ちょうど曲の世界に視聴者が入り込み始めた、開始一分近くのタイミングで、christopher burris氏の、腹から響かせた高らかな「feels goooood」の歌声が、深い感動に誘います。この声は伸びやかに数秒間続き、その時間はまさにfeels goodです。と、ここでプロモーションビデオはburris氏のガレージと思しき場所へと視点を変え、入り口に立ち、逆光を浴びて黒い人影と化したburris氏が映し出されます。その黒い影は曲に合わせてロボットのような愉快な動きのダンスを披露し、シリアスになった雰囲気を和ませる心憎いばかりの演出となっています。まさに、感動とエンターテイメント性の両方を非常に濃密に描き出すとともに楽曲としての軽快さ、明朗さで視聴者の気持ちを和ませる、christopher の多才さならではの業といえましょう。

僕の間違い

004

 

俳優であり歌手としても活動する、christopher burris氏の楽曲、whats wrong with meを聞いての感想を、記したいと思います。この楽曲は、特徴的な雨音のイントロから入ります。この曲の入り方は実に聞き手にとって間口が広く、落ち込んでいる人はシンパシーを持って、充実した毎日を送っている人にとっては、日々を落ち着いて振り返る気持ちを持って、スッと心の中に入ってくることでしょう。ピアノの美しい旋律と、christopher burris氏の澄んだ、伸びのある高音のボーカルの組み合わせは、氏の考える理想世界、美しい世界を、聞き手に垣間見せます。その手法は、1970年代に活躍したバンド、earth wind and fireの姿を彷彿とさせます。氏の楽曲が若者へ向けたメッセージだとか、一過性のブームに終わるポピュラーミュージックの側面よりも、もっと老若男女に普遍性を持って語りかけてくるおおらかさを感じるのも、そんな懐かしい音楽の手法を大切に使っているからというのが一因でしょう。近年、ロックもラップも、エクストリームな要素や、反社会性を全面的に押し出したものよりも、より落ち着いた雰囲気でアーティスティックさを純粋に追い求めたものに回帰し始めている印象を受けます。このwhats wrong with meをはじめ、christophe burris氏の一連の楽曲は、そんな今の音楽界の潮流を端的にあらわしています。それも、受動的にではなく、能動的にです。

彼について

003

 

芸能人とは、さまざまな才能や魅力で人をひきつけ、生きていく仕事ですが、特にchristopher burris氏のように、幅広い分野で活躍する人はめずらしくありません。例えば、芸人としてコンビを組みながら、ボクシングの分野でオリンピックに進もうとしている女性も我が国にはいますし、海外には芸能活動を行いながら文芸に励むという方も珍しくはありません。中でもchristopher burris氏は俳優活動の他に歌手活動、監督業、そして文芸家や教育者など、さまざまな顔を持ち、それらの分野で多彩な才能を見せています。彼の出演した作品で主なものは、Shookというショートムービー、テレビドラマシリーズGuiding Light、Damage Control、2nd Annual VH-1 HipHop Honorsなどですが、彼の奥深さはそれだけでなく、さまざまな執筆を行ってもおり、また学者としてのステータスもあるという点です。The Proper Care of the Cats、The Proper Care of the Dogsなど、興味深い作品も発表しており、一定の評価を受けています。さらにはそれだけでなく、著名な大学でBatchelor Academy、つまり博号を取得しており、またMFAも違う大学で取得しています。顔立ちは丹精で、短く刈り込まれた髪に浅黒い肌は黒人男性ならではの魅力があり、俳優業、歌手活動を行うだけの魅力を感じさせられます。このような人物が多くいるかの国の芸能界の、底のしれなさはとどまることを知りません。

マルチな才能

002

 

christopherburris氏という方が海外にいらっしゃいます。この方は、本業は舞台俳優として活躍されているのですが、実際に私たちが目にすることが出来る、或いは目にしたことがある形として、このchristopherburris氏が実際に作成されたモダンアートなどの写真や写真集、更には、作家としても活動されていることもあり、このchristopherburris氏著作の小説やエッセイで知る事が出来るのです。俳優としては、あくまでも舞台で活躍をされて居る方と言う事もあり、なかなか私たちには見る機会が少ないと言えます。ただ、最近では、海外でしか売られていないような単行本や小説、エッセイなどを国内でも気軽に購入する事が出来る通販サービスが展開していることもあり、このchristopherburris氏著作の作品や写真集、エッセイなどを実際に手に取ることも可能となっています。この氏は、俳優として活動されていることもあり、モダンアートとしての写真に対しての造形だけではなく、中世文学や演劇などに対しての造形も大変深い事で知られています。氏の書かれた著作などに目を通してみても、そういった記述が多く成されていることがあります。俳優として、そして写真家として、更には作家としても活躍されるが故に、その全ての垣根を越えた作品を生み出している姿こそが、この氏が持つ様々な才能の中での最大の魅力とも言えます。

お月見とは

旧暦の8月15日を十五夜と呼んでいて、美しい満月が見られるため、古くは平安時代から、月を観賞しながら宴が催されていたといわれており、今日までお月見として伝えられています。満月が見れる日は、一年間に12回か13回あるとされており、なかでも旧暦の8月には最も美しい満月を見ることができます。江戸時代からは、収穫祭として行われることとなり、現在ではお月見ができる場所にお供え物を飾って、穀物や野菜などが無事収穫できたことを感謝するようになっています。
美しい月を眺められる場所に月見台を置き、そこには穀物の収穫に感謝する意味で、おだんごを供えることが多いようです。また、芋類や旬の野菜や果実などもお供えします。このほかにも、現在では稲穂の代わりにススキを供えたり、季節の草花でも良いでしょう。お供え物が揃った月見台ができたら、一年のなかで最も美しい月を眺めながら、家族みんなで食事をしてみてはいかがでしょう。